カラーチェ マンドリン

1825年、ニコラ・カラーチェ(1794〜1869)が創立。息子のアントニオ・カラーチェ(1828〜
1876)が父の後を継ぎ工房をナポリに移し、ギター・リュート・マンドリン等の製作に力を注
ぎます。

アントニオの死後、ニコラ(1859〜1924)とラファエレ(1863〜1934)の二人の息子が工房を
継ぎ、Fratelli Calace(カラーチェ兄弟)社を設立。

時あたかも、パスカル・ヴィナッチャによってマンドリンは大きく改良され、イタリアで大流行
し、ニコラとラファエレもFratelli Calaceとしてマンドリンを製作しました。彼ら兄弟は製作家
であると共に非常に優れたマンドリン演奏家、作曲家でもありました。

ニコラがアメリカに移住することになり、1901年ラファエレが工房を継ぐことになりました。ラ
ファエレがマンドリン史上の巨匠として最も有名な、いわゆる“カラーチェ一世”です。ラファエ
レは楽器製作と共に演奏・作曲・出版と多方面で驚異的な業績をあげました。製作面では
クラシコシリーズを考案しカタログ化する事で、“カラーチェ”ブランドを世界的なものとし、現
在の基盤を確立させました。ラファエレは1924年?1925年に来日。東京・京都・名古屋での
公演のほか、皇族方の前で御前演奏する機会を得て、彼の曲や楽器を献呈し勲章を受け
ています。

ラファエレの次男ジュゼッペ(1899〜1968)が工房を継ぎ、マンドリン属のほか、ギターやバ
イオリン属の楽器も多く製作。第二次大戦下、大変困難な時代を過ごしましたが、戦後復
興し再び優れた楽器の製作を開始しました。

現在はジュゼッペの息子ラファエレJr.(1948〜 祖父と同じ名前)が工房を継ぎました。娘ア
ンナマリアも工房に加わり、先祖代々の伝統を守りつつ製作されています。“カラーチェ”
は、イタリアのマンドリニスト ウーゴ・オルランディ氏をはじめ、プロから入門者のプレイヤー
まで世界中で愛用されています。

マンドリン



No.24 No.26 No.13 No.15 No.16bis

Ripa クラシコB クラシコC クラシコD クラシコA



クラシコAオルランディモデル クラシコAスペシャル アンナマリア


マンドラ


No.24 No.26 No.13 No.15 No.16bis

クラシコB クラシコC クラシコA クラシコAスペシアル

マンドロンチェロ/リュート・カンタービレ



No.22 No.26 クラシコA クラシコAリュートカンタービレ